あなたの借金、返済しすぎていませんか?借入金の利息を払いすぎているあなた!もしかすると、もうあなたの借金の返済は終わっているかもしれません。
過払い利息返還請求のプロです!
CONTENTS MENU
Tel 0422-44-1123
柊 Law&Advisory
 

何故利息が還ってくるのでしょか?過払い金返還請求とは
過払い金返還請求とは利息制限法を超えて支払った利息を返還してもらう手続きのことです。

金銭消費貸借契約において、原則として貸主、借主の間で自由に利率(約定利息)を定めることができますが、「利息制限法」により上限が定められており(表1参照)、その上限を超える利息分については無効とされます。
つまり、利息制限法の上限を超える利息分は支払う必要がないということです。

■表1 利息制限法の上限金利
10万円未満
年20%
10万円以上100万円未満
年18%
100万円以上
年15%

■表2 出資法の上限金利
貸金業者からの借り入れの場合
年29.2%

しかし、表2のように、テレビコマーシャルや街角でよく見かける消費者金融会社や信販会社などのキャッシング利率は年利25%以上を超えるものがほとんどです。これは、出資法を越えた利率で貸付けを行うと刑事罰の対象になるのに対して、利息制限法を越えた利率で貸付けをおこなっても罰せられることがないからです。

この利息制限法が定める上限金利と出資法が定める上限金利との差をいわゆる「グレーゾーン」と呼び、最近大変話題となっています。この結果、貸金業者は罰則の対象にはならないことをいいことに、グレーゾーンで金利を自由に設定しているというのが実情です。

つまり、出資法すれすれの利率で貸付けがおこなわれていた場合、それよりも低い利率である利息制限法で引直計算をすると過払い金が発生することがあるのです。



借入れ金が軽減されたり、利息が返ってくるのはこんな人!  
 
(1) テレビコマーシャルや街角でよく見かける
  消費者金融や信販会社などのキャッシング
  を利用している人
(2) 債務残高が50万円の場合、継続して6年
  から7年以上取引がある人
現在の利率の見直しを!  

実際の借入れ利率-利息制限法上限利率=過払い利息分利率
上記項目に該当する方は、かなり高い確率で過払利息返還請求権を有していると考えられます。
一度、無料シュミレーションでご確認ください!


 
1) 自己破産
銀行、消費者金融からの借入、クレジットカード等の利用により、多額の債務のため、財産状態が悪化し、経済的に破綻して、この先どんなに頑張っても債務を返済できない状態、つまり任意整理、特定調停、民事再生といった自己破産以外の方法によっては解決の見込みがないという状態になった人が利用する手続きです。
[こういう方が対象となります]
手取り収入と返済額がのバランスを見て、借金を返しながら生活をしていくのは 不可能な方。
[メリット]
自己破産を申し立てると、債権者からの催促や取立てが止まります。
自己破産申立後、免責が確定すると債務の支払いを免除されます。
[デメリット]
信用情報機関に事故情報(いわゆるブラックリスト)として登録されるため、6年〜7年間は新たな借入やクレジットカードを作ることができません。
自己破産をすると自己破産したことが官報に掲載されます。
自己破産をすると、破産者の本籍地の破産者名簿に記載されます。
自己破産をすると、破産者の本籍地の市区町村が発行する身分証明書に破産者である旨が記載されます。
破産開始決定から免責決定までのあいだ(約6ヶ月間)、一定の職業に就くことできません。

2)任意整理
簡裁代理権の認定を受けた司法書士が代理人となって、債務を減額し、無利息で返済する手続きです。任意整理は整理したい債務だけを整理できますので、例えばクレジットカードと消費者金融から借り入れがあり、消費者金融だけを任意整理するということが可能になります。
[メリット]
債務を減額できます。
払い過ぎていたお金を取り戻せる場合があります。
債権者に借金整理の受任通知を送ると、各債権者からの取立てが止まります。
一部の債務のみを整理することもできます。
自己破産のように各種の資格制限がありません。
[デメリット]
信用情報機関に事故情報(いわゆるブラックリスト)として登録されるため、6年〜7年間は新たな借入やクレジットカードを作ることができません。
 

3)特定調停
債務者自身に代わり、裁判所調停委員が債権者と話し合いをして債務を減額させる手続きで、裁判所を介した任意整理のようなものだと言われます。但し、任意整理と違って裁判所で話し合いするため、裁判所に出向く必要があります。
[メリット]
特定調停の申立を行うと、各債権者からの取立が止まります。
債務の総額と月々の返済額が少なくなります。
自分で債権者と交渉するのでなく、調停委員が交渉をしてくれます。
自己破産と違って借入理由がギャンブル等であっても利用できます。
給料差押などの強制執行を無担保で停止することができます。
[デメリット]
信用情報機関に事故情報(いわゆるブラックリスト)として登録されるため、6年〜7年間は新たな借入やクレジットカードを作ることができません。
成立した調停調書は債務名義となるので、支払を怠ると強制執行されるおそれがあります。
残元本以下の金額への減額や過払金の返還は見込めません。
 
4)個人債務者再生
裁判所の監督のもとに、債務の支払を停止したうえで、債務の一部免除や長期の弁済条件などを盛り込んだ再生計画に基づき返済していく制度です。 個人の民事再生手続には、小規模個人再生と給与所得者再生とがあります。
[メリット]
住宅ローン特則を利用すると、住宅を手放さなくて済みます。
債権者に借金整理の受任通知を送ると、各債権者からの取立てが止まります
利息制限法を超過して利息の支払をしている場合には、利息制限法による引き直し計算により残元本の減額が行われます。
利息制限法による引き直し計算により減額された元本を更に5分の1に減額します。但し、元本の5分の1が100万円より少ない場合は100万円までしか減額されません。
過払い金の返還も場合によっては可能です。
  自己破産のような、職業制限や資格制限がありません。
[デメリット]
信用情報機関に事故情報(いわゆるブラックリスト)として登録されるため、6年〜7年間は新たな借入やクレジットカードを作ることができません。
官報に掲載されます。
個人民事再生を利用するには一定の条件があります。

 
私たちはこのように過払い利息返還請求を行います。
実際の返還例 手続きの流れ 無料でシミュレーション お申し込みはこちら


Tel 0422-44-1123

[過払い金返還請求とは] [過払い金返還事例] [手続きの流れ] 
[借金整理の手続き料金] [ご依頼方法] [当事務所のご案内] 

詳細はこちら メールで相談 借金整理ご案内 事務所のご案内 トップページへ メールでのご相談